なぜプログラミングなの?

多くの学びに出会える

ノビルでは学習療育の一貫としてプログラミングを取り入れています。プログラミングと言っても難しく考える必要はありません。プログラミングに必要な基礎や考え方を学びます。ノビルの療育は「あそびを学びに」です。プログラミングの技術修得が目的ではありません。プログラミング体験によって多くの学びに出会います。低学年や理解の難しい子は簡単なブロック組み立てから始めます。

小学校でも必修化

2017年新学習指導要領にて、小学校でのプログラミング教育が必修化されました。これからの情報化社会では必要なスキルとなって行きます。プログラミングの基礎の考え方や仕組みを理解しておくことはとても重要です。

発達障害との親和性

プログラミングは特性のある子供には受け入れやすい療育のひとつです。プログラミングの基礎となる論理的思考は曖昧や例外がなく手順通りに行うと結果が出ます。なぜ結果が出たのかが理解しやすく結果への達成感が次の課題へとステップアップさせてくれます。没頭して取り組む事ができます。

ロボットプログラミング

ブロックを使ったロボットプログラミングは、ブロックを組み立て動かとことでプログラミング的思考を育てることができます。

ブロックの制作やプログラミングを通して「創造力」「論理的思考」「問題解決力」 「空間認知力」「集中力」の5つの力を育みます。

トライ&エラーを繰り返し、順番に組み立てて行くことで、手順の大切さや作りことの喜びを体感できます。

ロボットプログラミングの特徴

創造力

ブロックは多彩な創造力を生み出します。組み立てたロボットをプログラミングして実際に動してみるワクワクや楽しさが子供の想像・創造力を育みます。 

論理的思考力

ブロックの組み立てやプログラミングには手順があります。手順通りに進めないと上手く動かせません。手順を理解し論理的に考える力を身に付けます。

問題解決力

トライ&エラーを繰り返し自分の力で問題を見つけ事を覚えます。チャレンジする力・問題解決をする力を身に付ける事ができます。

タブレットプログラミング

簡単な入力と操作でブロックをつなぎ合わせながらプログラムを組み立てます。小学生でも簡単にでき、自分だけのゲームやアニメーションを誰でも作ることができますよ!

遊び感覚でプログラミングを学ぶことができます。子供の豊かな想像力で思い通りのものを作り、動かし、プログラミングの楽しさを味わうことができます。勉強が苦手でもゲーム感覚で取り組めますのでゲーム好きのお子様にはおススメです。

見学体験にぜひお越し下さいね!0774-34-1727

無料見学体験はこちら 担当:有城(うじょう)